クレジットカードの使いすぎを防ぐ方法は?安心して使えるカードも紹介!

クレジットカードの使いすぎ

クレジットカードは非常に便利なものですが、「うっかり使いすぎて、支払いができなくなるのが怖いから使わない」という人がいるのも事実。

確かに、クレジットカードは基本的にひと月に一回の請求となるため、日々の支払いで使用していると、いくら使ったか把握できなくなってしまうこともあります。

そうして月末に請求額を確認し、「え、こんなに使ったっけ!?」と驚いた人の話を聞いて、「それだと困るからクレジットカードを使うのはやめておこう……」と思う人がいるのも頷けますね。

しかし、実はクレジットカードには、使いすぎを防ぐ使い方があるのです。

この方法を知っていれば、クレジットカードの便利さを享受しつつ、使いすぎのリスクを極力減らすことができます。

今回は、クレジットカードを使いすぎないようにする工夫と、使いすぎを防ぐのにおすすめのクレジットカードを紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

クレジットカードの使いすぎを防ぐ方法3つ

早速、クレジットカードの使いすぎを防ぐための方法を確認していきましょう。

キャッシング枠をゼロ円にする

キャッシング

使いすぎを防ぎたい人は、キャッシングには手を出さないのが賢明です。クレジットカードのキャッシング枠はゼロ円にしておきましょう。

キャッシング枠がゼロ円のカードではお金を借りることができませんので、これで誘惑に負けてキャッシングをしてしまう危険性を最小限にすることができます。

また、紛失や盗難によって第三者にカードが渡った場合に、そのままキャッシングされてしまうリスクも減らすことができます。より安心してカードを持てますね。

使いすぎを防ぎつつ、防犯にもなるので、ぜひ最初のステップとして済ませましょう。

ちなみに手続きとしては、クレジットカード会社に電話してキャッシング枠の変更を依頼すればOKです。大手カードなら、インターネット上で変更依頼をかけることも可能です。

ショッピング枠(利用限度額)を制限する

「私はキャッシングするつもりはないけど、普通にたくさん使ってしまいそうなんです!」という方もいるでしょう。

そういう人にぜひやっていただきたいのが、「ショッピング枠の制限」です。

クレジットカードにはショッピング枠というものが設定されていて、その枠の中でしか買い物ができないようになっています。

ゴールド以上のランクの高いカードや、それまでの利用歴が良い人は、この上限が上がっていることもありますね。「信用できる人だから、たくさん買い物してもちゃんと払ってくれるだろう」というカード会社からの信頼が現れる場所です。

しかし、使いすぎを抑えたい人にとっては、ショッピング枠が大きいのはむしろデメリット。あえてショッピング枠を少なめにして、使いすぎることができないようにしてしまいましょう。

ショッピング枠は基本的に人によって異なるので、以下の方法でチェックしましょう。

<ショッピング枠を確認する方法>

  • クレジットカードの明細で確認する
  • カード会社へ電話をかけて確認する
  • カードの会員ページで確認する

限度額を引き下げる場合、キャッシング枠同様にカード会社への電話連絡あるいは会員ページ上の手続きで依頼をすることができます。

なお、一万円単位の細かい限度額の設定は基本的にできないので、予め注意しておいてください。

※キャッシング枠にも言えることですが、ひとたび下げた限度額を再度引き上げる場合にはカード会社の審査が必要になります。本当に下げてしまって良いかは慎重に考えましょう。

クレジットカード管理用のアプリを活用する

「いくら使ったかの把握が難しいからついつい使いすぎてしまう」という人は、使いやすい管理用アプリを導入してみましょう。

これにより日々の利用額が可視化され、「今月はもう〇〇円使ってるからこれを買うのはやめておこう」というような判断ができます。

支払いを管理するアプリで有名かつ便利なのはマネーフォワードMEですね。

以下の記事で詳しく使い方を紹介しているので、参考にしてみてください。

マネーフォワードMEアプリでクレジットカード支出を自動管理する方法
現金派の人がクレジットカードを使わない理由として、「手元にあとどのくらいお金が残っているのか分かりにくい」というものを挙げることがよくありま...

他にも、例えば楽天カードを持っている人は、楽天カードのアプリを入れれば簡単に支出を管理できます。

様々なものと提携ができて、収支を一元管理できるマネーフォワードMEが一番おすすめではありますが、他に使いやすいアプリがあればそちらを使っても良いでしょう。

その他の工夫

使いすぎを防ぐために試してみてほしい手段を3つ紹介しましたが、上記にこだわることなく、自分に合ったやり方があればそれでも構いません。

例えば原始的なやり方ではありますが、「クレジット支払いとおおよそ同じくらいの金額を財布から抜いて別に保管しておく」というのも、徹底できるなら使いすぎ防止に有効ですね。

他にも、アプリが難しいという人は、紙の家計簿を付ければ支出を把握できます。クレジット支払いのレシートを持ち帰って家計簿に記録すれば、いくら使ったかは簡単に分かるでしょう。

デジタルなやり方にこだわる必要はありませんので、上記のような方法でうまくできそうなら、それを試してみても良いですね。

使いすぎを防ぎやすいクレジットカード

使いすぎを防ぎたいというのは、つまり「必要な時しかクレジットカードを使いたくない」ということですよね。

たくさんカードを使ってメリットを享受したいタイプとは異なりますので、ゴールド以上のカードを持つ必要がある人はあまりいないでしょう。

ということで、一般カードの中からおすすめできるものを紹介していきます。

エポスカード

年会費 無料
ポイント エポスポイント
ポイント倍率 0.5%

「実は意外と優秀なカード」の代表格、それがエポスカードです。当サイトでも、海外旅行保険自動付帯が優秀である点は繰り返しお伝えをしてきましたね。

年会費無料の強力カード「エポスカード」の強みを解説!
誰もが名前くらいは聞いたことのある有名クレジットカード、それがエポスカードです。実はこのカード、年会費無料のクレジットカードの中では非常に優...

そんなエポスカードには、思わぬ使いすぎを防ぐための「お支払予定額通知サービス」というものがあります。

これは、その月の支払い予定額が「自分があらかじめ設定した金額」を超えた翌日に、メールでその旨をお知らせしてくれるというサービスです。

お支払予定額通知サービス

※画像は公式サイトより

「その金額に達したらアウト」という金額を設定するのではなく、その少し手前の金額を設定することで、請求金額が支払いに困ってしまうレベルまで膨れ上がるのを予防できるでしょう。

楽天カード

年会費 無料
ポイント 楽天スーパーポイント
ポイント倍率 1%

当サイトでもたびたび紹介している「困ったらコレ」のカード。

「カード利用お知らせメール」をカード支払いのたびに送ってもらうことができる(最短で利用照会の翌日に速報版が届く)ので、そのメールを欠かさずチェックすれば使いすぎに気付けるでしょう。

利用お知らせメールをチェックする習慣がついていれば、万一不正利用された場合にもすぐに気付けるのでダブルで安心ですね。

常に1%の高還元ポイントがお得な点でも魅力的なクレジットカードです。

まとめ

「使いすぎてしまわないか」というのは、クレジットカードを検討する際に一度は頭をよぎることですよね。

仕組みとして使いすぎをできなくしてしまう「キャッシング枠をゼロ円にする」「ショッピング枠を引き下げる」は非常に効果的なので、まずはこちらを実践してみてください。

その上で支出を管理するアプリを活用するなどすると、クレジットカードの使いすぎの心配はほぼなくなるのではないでしょうか。

また、カードを選ぶ際には、ポイントによるメリットよりも、使いすぎを防ぐ通知サービスのあるカードを選ぶの良いかもしれません。

エポスカードの「お支払予定額通知サービス」は使いすぎが不安な人にもってこいのサービスなので、ぜひ検討してみると良いでしょう。

スポンサーリンク