マネーフォワードMEアプリでクレジットカード支出を自動管理する方法

マネーフォワードME

現金派の人がクレジットカードを使わない理由として、「手元にあとどのくらいお金が残っているのか分かりにくい」というものを挙げることがよくあります。

確かに現金派ならATMからお金を引き出すときに口座の残高を確認できますし、買い物の度に財布からお金を出すのでいくら残っているのかを把握しやすいです。

クレジットカードでも利用のお知らせメールなどを確認すれば「いくら使ったか」を把握できますが、毎回確認するのはちょっと面倒だと感じる人もいるかもしれません。

しかし、クレジットカードでも簡単に「いくら使ったか」「いくら残っているか」を確認する方法があります。それは、「マネーフォワードME」を活用する方法です。

資産管理アプリであるマネーフォワードMEを利用すれば、登録したクレジットカードの使用記録が自動的に残っていきますので、「つい使いすぎてしまう」などといったリスクを減らすことができます。

今回はそんなマネーフォワードMEでクレジットカード支出を管理する方法をお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

マネーフォワードMEとはどんなアプリ?

マネーフォワードMEは、口座やカードなどの情報を紐付けすることで自動的に情報を入力していってくれる自動家計簿サービス(アプリ)です。

レシートを保存して月末にまとめて家計簿に記載したり、いちいち何にいくら使ったのかを記録したりする手間を極限まで減らしてくれるため、これまで延べ700万人が利用するほどの大人気サービスとなっています。

メールアドレスがあれば登録可能で、デスクトップやノートPCではブラウザ版、スマートフォンではアプリ版が用意されているので、手持ちのどのデバイスでも利用することができます。

スマホの人はぜひ下記からインストールしてみましょう。

マネーフォワードMEのインストール≫

有料プランもありますが、無料でも十分すぎるほど有能なので、現在家計簿を付けていないという人は、支出の把握をするためにぜひ使ってみることをおすすめします。

マネーフォワードMEにクレジットカードを登録する方法

では、マネーフォワードMEでクレジットカードを連携し、カード支出を自動的に記録する方法を紹介します。

マネーフォワードMEの対応カードは非常に多いので、基本的なカードであれば連携はできるでしょう。

<マネーフォワードMEに登録できるカードの種類>

※縦にスクロールできます

e-kenetカード(京阪カード)
あおぎんVISAカード
青森銀行VISAカード<aomo>
あきぎんVISAカード
秋田銀行OnlyOneカード(VISA)
アプラスカード
アメリカン・エキスプレスカード
阿波銀VISAカード
イオンカード
池田泉州VISAカード
井筒屋ウィズカード
出光カード
いよぎんカード(VISA)
いわぎんVISAカード
SMBCプラチナカード
NTTグループカード
ENEOSカード(C・P・S)
FFG VISAカード
エポスカード
エムアイカード
MUFGカード
au WALLET クレジットカード
おきぎんVISAカード
オリコカード
OCカード
OPクレジットカード(JCB)
OPクレジットカード(VISA・MASTER)
鹿児島カード(VISA)
関西VISAカード
漢方スタイルクラブカード
九州しんきんVISAカード
九州VISAカード
紀陽VISAカード
近畿しんきんVISAカード
クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン
群銀カード(JCB)
群銀カード(VISA)
GBドリームプラスカード(JCB)
GBドリームプラスカード(VISA)
京葉銀VISAカード
高知VISAカード
コスモ・ザ・カード・ハウス
ごうぎんVISAカード
さぎんmotecaカード(VISA・MASTER)
四国銀行VISAカード
四国しんきんVISAカード
しずぎんjoyca
静銀セゾンカード
七十七カード(VISA)
荘銀ブライトワンカード
しんきんVISAカード
J-WESTカード(JCB)
J-WESTカード(VISA・MASTER)
JFRカード
JCBカード
JPBankカード(VISA・MASTER)
ジャックスカード
SuMi TRUST CLUBカード
スルガカード(VISA)
セゾンカード
セディナカード(OMC Plus)
セディナカード(CF Webiew)
セブンカード(JCB)
セブンカード(VISA)
タカシマヤカード
たんぎんバンクカードVisa
大東VISAカード
ダイナースクラブカード
ちくぎんマルチナVISAカード
中銀VISAカード
中国銀行VISAカード
中国しんきんVISAカード
中部しんきんJCBカード
中部しんきんVISAカード
つくばバンクカード
TS CUBICカード
Tカードプラス/TSUTAYA Wカード(アプラス)
Tカード プラス
天満屋カード
dカード
DCカード
東急カード
東京都民銀行VISAカード
東京VISAカード
東武カード
東邦Alwaysカード(VISA)
東邦VISAカード
東北しんきんVISAカード
道銀VISAカード
南都VISAカード
ニコスカード
日産カード
ニッセンレンエスコート
八千代VISAカード
ハートワンカード
VISA IntelliLink Spend Management
VIEW CARD(VIEW’s NET サービスID)
VIEW CARD(My JR-EAST ID)
ファミマTカード
iica JCBカード
福岡銀行VISAカード
ペルソナカード
北都ブライトワンカード
北洋-JCB法人カード
北陸VISAカード
北国VISAカード
北國マルチワンカード
ポケットカード
マジカルクラブTカードJCB
三重銀VISAカード
みずほマイレージクラブカード(THE POINT)
みずほマイレージクラブカード(セゾン)
みずほマイレージクラブカード(UC)
みちのくUCカード
三井住友トラストカード
三井住友VISAカード
三菱UFJ-VISA ICカード
三菱UFJ-VISA スーパーICカード
みなとVISAカード
ミライノ カード
むさしのVISAカード
モデッカ
Yahoo!カード
やまぎんVISAカード
ゆめカード クレジットカード
UCSカード
UCカード
横浜バンクカード
ライフカード
楽天カード
リクルートカード(JCB)
リクルートカード(VISA・MASTER)
りそなNetアンサーplus
りそなVISAカード
リーダーズカード
レクサスカード
レックスカード
ワイエムカード(JCB)
【法人】TS CUBICカード
【法人】DCカード
【法人】ライフカード

引用元:マネーフォワードME公式サイト

マネーフォワードMEアプリを開き、画面下部のメニューから「口座」を選びます。

口座の画面

登録口座が表示される画面になったら、右上の「追加」をタップし、連携項目一覧から「カード」を選択します。

連携項目一覧

その先で各カードに対応したIDとパスワードを入力することで、連携が完了します。例えば三井住友VISAカードの場合、VpassIDとパスワードを入力します。

三井住友VISAカードの連携

マネーフォワードMEでクレジットカード支出を確認する方法

ひとたびカードの登録が完了すれば、カードの利用が入出金として表示されるようになります。

ホーム画面の「入出金」タブに、画像のようにクレジットカードの利用履歴が出てきます。特に手間をかけることなく自動的に家計簿が作られていくのです。

入出金画面

「家計簿」の画面では、全体の支出に対して現金・カードの支出がどれくらいあったかも円グラフで確認することができます。

家計簿の画面

手元でのお金のやり取りがないクレジットカードには「使いすぎてしまうのでは……」という不安を持つ人も多いですが、自動的に記録されるこの家計簿を利用すれば、いくら使ったのかを簡単に把握することができますね。

もちろんマネーフォワードMEは銀行口座とも連携ができるので、口座の残高なども併せて確認することで、より正確に今の所持金を把握した状態で買い物をすることができるでしょう。

その他マネーフォワードMEでできることの例

マネーフォワードMEは銀行口座とクレジットカードを登録するだけでも家計の管理に十分役立つサービスですが、その他にも例えば以下のようなことができます。

  • 確定拠出年金の運用状況の確認
  • 所持マイル数の確認
  • 電子マネー残高確認
  • 投資のポートフォリオとしての活用

最初は単なる家計の把握のために使い始めても、連携するものが増えれば、資産運用面で活用することもできます。

金融リテラシーの高い層のニーズも満たせるようなサービスになっているので、ずっと使い続けていくことができますね。

まとめ

ポイントが欲しいなどの理由でクレジットカードを使用している場合、使い過ぎを防ぐためにもどのくらい使ったかを常に把握しておくことは非常に大切です。

しかし、日々忙しい人にとって、家計簿を細かく付けていくのは至難の業ですよね。

そういう場合は、無理矢理頑張って家計簿を付けようとしても途中で諦めることになってしまうので、マネーフォワードMEを活用して自動的に家計簿を付けられる仕組みを作りましょう。

カードに限らず様々な側面から資産状況の把握ができるので、節約を目指す人や資産運用を狙う人にもおすすめできるアプリです。

マネーフォワードMEのインストール≫
スポンサーリンク