dカードGOLDのメリット・デメリットを徹底解説!

dカードゴールド

NTTドコモゴールドが発行するクレジットカードに、「dカードGOLD」がありますが、NTTドコモが発行しているだけに、ドコモユーザーには断然おすすめです。

また、貯めやすく使いやすいポイント、補償やサービスも充実など、非常にコストパフォーマンスの高いゴールドカードです。

今回は、dカードGOLDのメリットはもちろん、デメリットも徹底的に解説します。

dカードGOLDの概要

まずは、dカードGOLDの概要を紹介しましょう。

年会費 1万800円(税込)
国際ブランド VISA、Mastercard
申込資格 満20歳以上(学生は除く)で、安定した継続収入があること
ETCカード 年会費無料
家族カード 年会費1,080円(税込。初年度無料)
搭載電子マネー iD
ポイント還元率 1%
旅行傷害保険 海外:最高1億円(一部利用付帯)
国内:最高5000万円(利用付帯)
ショッピング保険 300万円

本カードの年会費は1万800円ですが、家族カードの年会費は1,080円(初年度無料)と比較的リーズナブルです。

ETCカードは新規発行手数料、年会費とも無料なので、全般的に維持コストがかかりません。

ゴールドカードのポイント還元率は0.5%が一般的な中、dカードGOLDの1%は、かなり高い部類に入ります。

dカードGOLDのメリット

dカードGOLDには、「ドコモユーザーが断然お得」「貯めやすく使いやすいポイント」「補償・サービスが充実」などのメリットがあります。

以下で詳しく説明しましょう。

ドコモユーザーは断然お得

スマホを持つ女性

dカードGOLDはNTTドコモが発行しているカードなので、ドコモユーザーが得をするのは何となく想像できますが、実際は想像以上のお得ぶりです。

毎月のドコモ利用料金の10%がポイント還元

毎月のドコモのケータイ料金や、ドコモ光の利用料金をdカードGOLDで支払うと、利用金額1,000円(税別)につきdポイントが100ポイント付与されます。

dカードGOLDの通常のポイント還元率が1%なので、通常の10倍のポイントがもらえる計算です。

毎月9,000円のケータイ料金ならば、「月900ポイント×12か月=年間1万800ポイント」ゲットでき、これだけでdカードGOLDの年会費に相当します。

充実のケータイ補償

dカードGOLDには、充実のケータイ補償が付帯しています。

紛失・盗難・水漏れや全損による修理不能の被害に遭った際、同一機種・同一カラーのケータイを購入するときに、その費用をサポート(後日返金)してくれます。

一般カードである「dカード」にもケータイ補償が付いていますが、dカードGOLDのケータイ補償はさらに充実です。

dカードのケータイ補償は1万円を上限として保証期間は1年ですが、dカードGOLDのケータイ補償は10万円を上限として3年間保証してくれます。

最近のスマホの端末代は高額となっていますが、dカードGOLDのケータイ補償があればすべてカバーできますね。

貯めやすく使いやすいポイント

dポイント

dカードGOLDの利用で貯まるdポイントは、貯めやすく使いやすいです。

dポイントの貯め方

dカードGOLDをショッピング利用すると、1会計あたり100円につきdポイントが1ポイント貯まります。

また、dカード特約店では、以下のようにポイント付与率がアップします。

店舗名 ポイント倍率
ローソン 2倍
三越・伊勢丹 2倍
マクドナルド 2倍
エネオス 2倍
AOKI 3倍
JTB 3倍
スターバックス 4倍

さらに、dカードGOLDを提示するだけで、以下のdポイント加盟店でdポイントが付与されます。

  • ローソン
  • マクドナルド
  • マツモトキヨシ
  • ライフ
  • ノジマ
  • 高島屋
  • NEXCO中日本
  • いきなり!ステーキ

そして、dカードGOLDには電子マネー「iD」が搭載されており、iD利用でもdポイントを貯めることができるなど、dポイントを貯める方法は多種多彩です。

dポイントの使い方

dポイントは貯まりやすいだけでなく、使い勝手も申し分ありません。

1ポイント=1円のレートで、以下のような使い方ができます。

  • dポイント加盟店
  • d払いが可能なショッピングサイト
  • 毎月のドコモのケータイ料金に充当
  • dカードプリペイドにチャージ
  • dマーケットでの支払い
  • ドコモ商品への交換

他にも、ポインコグッズなどの商品と交換、ドコモケータイのデータ量追加(1,080ポイント/1GB)などにも使えますので、「ポイントを貯めたはいいが使い道がない」なんて心配もいりません。

充実の補償・サービス

そして、ゴールドカードであるdカードGOLDは、補償やサービスが充実しています。

最高1億円の旅行傷害保険

dカードGOLDには、以下の海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険が付帯しています。

海外 死亡・後遺障害 1億円(自動付帯5,000万円)
傷害・疾病治療 300万円(自動付帯)
携行品損害 50万円(自動付帯)
賠償責任 5,000万円(自動付帯)
救援者費用 500万円
航空機遅延 6万円
国内 死亡・後遺障害 5,000万円(利用付帯)
入院日額 5,000円(利用付帯)
通院日額 3,000円(利用付帯)
手術 5万円
航空機遅延 10万円

民間の医療保険や生命保険のような充実の補償です。

別途海外旅行保険に加入すると、目的地や日数によっては数千円かかることも珍しくありませんが、dカードGOLDの旅行傷害保険はもちろん無料です。

海外旅行保険については下記の記事で詳しく解説しているので、下記を読めばdカードGOLDの保険が充実していることが分かるでしょう。

クレジットカードの海外旅行保険、ちゃんと理解してる?詳細や注意点を紹介!
クレジットカードの海外旅行保険と言えば「最高2,000万円まで補償!」などの文言を見ることが多いと思いますが、実際に何が2,000万円まで補...

空港ラウンジを利用可能

国内の主要28空港にあるラウンジ入口で、dカードGOLDと搭乗券の半券を提示すれば、無料で空港ラウンジを利用できます。

海外で緊急カードを無料発行

海外でdカードが紛失・盗難の被害に遭った際は、緊急カードを届けてもらえますので、安心です。

dカードにもこのサービスがあり1万800円の手数料がかかりますが、dカードGOLDの場合は手数料がかかりません。

dカードGOLDのデメリット

いいことづくめで欠点がないように思えるdカードGOLDですが、もちろんデメリットもあります。

ドコモユーザー以外はメリットが少ない

スマホを持つ女性

dカードGOLDの大きなメリットは、ドコモ利用料金の10%ポイント還元やドコモのケータイ補償ですが、ドコモユーザー以外の人にとっては、これらのメリットは魅力的ではありません。

10%還元は利用料金1,000円未満切り捨て

dカードGOLD最大のメリットともいえるドコモ利用料金の10%ポイント還元ですが、付与単位に気を付けなければなりません。

というのも、10%ポイント還元は1,000円単位で付与されるからです。

ドコモの利用料金が1万円であれば1,000ポイント付与されますが、9,999円の場合は900ポイントしか付与されません。

年間12円の違いで、1,200ポイントも損をしてしまいます。

ステータスはいまいち

ゴールドカードの中で年会費1万800円のdカードGOLDは、年会費としては中程度です。

その割にパフォーマンスが高いゴールドカードですが、その代わりにステータス感はあまりありません。

カード右上のdポイントのロゴやiDのロゴが、ゴールドの券面にあって浮いている感じです。

ゴールドカードにステータスを求めるのであれば、アメックス・ゴールドや三井住友VISAゴールドなどを持った方が良いでしょう。

アメックスの上位カード「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」の詳細
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードはアメックスが発行しているゴールドカードで、アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)よりも一段...

まとめ

dカードGOLDは年会費が1万800円となかなかですが、十分に元を取れるだけのメリットがあります。

ドコモ利用料金の10%がポイント還元されるので、月9,000円利用すれば1年間でカード年会費の元が取れます。

ポイントの貯め方はもちろん、使い方もバリエーション豊富で、ポイントをザクザク貯められるでしょう。

それだけでなく、ケータイ補償や海外旅行傷害保険なども充実しています。

ドコモユーザー以外にはメリットが薄く、10%ポイント還元は100円未満切り捨て、ステータス感もないなどのデメリットがあります。

それでも、名より実を取りたい人、ドコモユーザーの人、ポイントをザクザク貯めたい人にとっては、dカードGOLDはおすすめのカードです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする