クレジットカードを使った家計の節約法&おすすめカードを紹介!

家計と節約

節約を意識している人は、日々数十円や数百円の割引を求めてスーパーなどを渡り歩いているかもしれません。

そうした生活を送る中で、「節約は大変」と思っている人も多いでしょう。

しかし、実は「クレジットカードで支払う」、ただそれだけで節約につながるものが多数存在するのです。

今回は、節約ができるクレジットカードや方法を一挙に紹介します。

国民年金をクレジットカード払いして節約

国民年金

まずは、国民年金です。

国民年金保険料の納付方法は、現金払い、口座振替の他に、クレジットカード払いがあります。

クレジットカード払いをすれば、口座振替と同様に事前に決められた日に保険料が自動で引き落とされますので、納付忘れの心配がありません。

それだけでなく、クレジットカード払いにすると国民年金保険料が節約できるのをご存知でしょうか。

国民年金は全ての納付方法で、毎月納付、6ヶ月前納、1年前納、2年前納が設定されております。

最も割引額が多いのは口座振替ですが、クレジットカードで前納を利用した際の毎月納付と比較した割引額は、以下のようになります。

納付方法 平成30年度保険料額 毎月納付と比較した割引額
6ヶ月前納 97,240円 800円
1年前納 192,600円 3,480円
2年前納 378,580円 14,420円

前もって納付する金額が多いほど、割引額も多くなります。

クレジットカードの場合、割引に加えてカードのポイントも付与されますので(一部カードを除く)、支払う金額が多い国民年金保険料は大量ポイントゲットのチャンスです。

ガソリンスタンド系カードでガソリン代を節約

次は、クレジットカードでガソリン代を節約する方法です。

ガソリンスタンドで発行しているクレジットカードの中には、ガソリン代を節約できるものがあります。

日本で最も店舗数が多いエネオスでは、「ENEOSカード」を発行していますが、その中で最も節約に向いているのが、「ENEOSカードC」です。

ENEOSカードの毎月のカード利用額(1ヶ月目)に応じて、以下のように値引き単価が決まります(2ヶ月目)。

月間カード利用額 ガソリン・軽油の値引き単価
7万円以上 7円/L引き
5万円~7万円未満 5円/L引き
2万円~5万円未満 4円/L引き
1万円~2万円未満 2円/L引き
1万円未満 1円/L引き

※灯油は月間利用額に関係なく、1円/L引き

ガソリン・軽油での利用で値引き単価が適用され(3ヶ月目)、請求時に値引き単価が実際に適用されることでキャッシュバックを受けられます。

カード利用はENEOS以外での利用もOKで、本カード以外のETCカード・家族カード・QUICPayの利用も、月間カード利用額にカウントされます。

≫ENEOSカードに申し込む

ガソリン代がお得になるカードについては以下のページでも紹介しています。

ガソリン代がお得・安くなるクレジットカード
普段、車をよく利用される方は、ガソリン代高騰に伴い、少しでも安くガソリン代を抑えたいと思っているのではないでしょうか。ガソリン代をクレジット...

「NTTグループカード」でNTTグループの通信料金を節約

日本最大の通信グループであるNTTグループも、クレジットカードを使って通信料金の節約ができます。

①「NTTグループカード」でのショッピング額に応じてキャッシュバック率が決定

月間カード利用額 キャッシュバック率
0~2万円未満 0%
2~4万円未満 1.5%
4~6万円未満 3%
6~8万円未満 4.5%
8~10万円未満 6%
10~20万円未満 8%
20~30万円未満 18%
30~40万円未満 28%
40~50万円未満 38%
50~60万円未満 50%
60万円以上 60%

②キャッシュバック対象の通信料金にキャッシュバック率が適用

(例)

利用店舗・サービス 金額
NTT東日本 3,000円
NTTドコモ 10,000円
OCN 2,000円
デパート 12,000円
スーパー 3,000円
レストラン 10,000円
合計 40,000円
キャッシュバック率 3%
キャッシュバック対象料金(赤字の項目) 15,000円
キャッシュバック金額(対象料金×キャッシュバック率) 450円
請求額 39,550円

キャッシュバックの対象となる通信料金は、以下の通りです。

  • NTT東日本
  • NTT西日本
  • NTTコミュニケーションズ
  • NTTドコモ
  • OCN
  • WAKWAK
  • ぷらら
  • ひかりTV
  • @nifty
  • ビッグローブ
  • NTTファイナンスおまとめ請求
≫NTTグループカードに申し込む

なお、電話料金以外の公共料金をクレジットカードで支払う方法については、以下の記事で詳しく紹介しています。

クレジットカードで公共料金を支払うと得する?変更方法も紹介!
生活していると必ず発生する電気・ガス・水道などの公共料金の支払い。毎月給料日後に払い込み用紙を持ってコンビニへ向かっている人も少なくないので...

毎日の食費を節約するなら「ウォルマートカードセゾン・アメリカン・エキスプレス・カード」

ウォルマートカード

特定日に割引を受けられるスーパー系のクレジットカードは少なくありませんが、「特定日は忙しくて買い物に行けない」という人も多いでしょう。

そんなときにおすすめなのが、「ウォルマートカードセゾン・アメリカン・エキスプレス・カード」(ウォルマートセゾン・アメックス)です。

西友・リヴィン・サニーでのお買物が、毎日3%OFFになります。

ただでさえ安い西友の商品価格からさらに3%OFFですので、お得なことは間違いありません。

さらに、毎月第1・第3土曜日はセゾンカード利用で5%OFFになります。

≫ウォルマートカードセゾン・アメリカン・エキスプレス・カードに申し込む

電車料金を節約するなら「大人の休日倶楽部ジパングカード」

ジパングカード

電車料金を節約したいならば、「大人の休日倶楽部ジパングカード」がおすすめです。

JR東日本線・JR北海道線を片道・往復・連続で201キロ以上利用すると、何回でも30%割引となります。

また、全国のJR線を片道・往復・連続で201キロ以上利用すると、何回でも20%割引です。

さらに、会員限定のお得なきっぷの販売もあります。

≫大人の休日俱楽部ジパングカードに申し込む

銀行の手数料を節約したい方は「ラグジュアリーカード」

ラグジュアリーカード

銀行の各種手数料を節約したいのであれば、「ラグジュアリーカード」(チタン)がおすすめです。

ラグジュアリーカードを発行しているのは新生銀行グループの「アプラス」で、新生銀行では取引状況などによって優遇を受けられるポイントプログラムを実施しています。

ラグジュアリーカードを持っているだけで、プログラムの最高ランクにステップアップ可能、以下のような特典を受けることができます。

  • 提携金融機関ATM出金手数料が無料
  • インターネットによる他行宛振込手数料が月10回まで無料(11回以上も1回103円に割引)
  • 円定期預金金利(1年もの)が年0.02%
  • 外貨為替手数料が片道7銭(米ドルの場合)
  • 住宅ローン事務取扱手数料が30,000円オフ
  • 海外送金手数料が月1回無料

銀行は手数料収入を収益の大きな柱としており、なにかにつけて手数料が発生します。

積もり積もるとバカにならない金額ですが、これを節約できるのは非常に大きいですね。

≫ラグジュアリーカードに申し込む

幅広いジャンルで割引を受けられる「エポスカード」

もっと幅広いジャンルで節約をしたいなら、「エポスカード」がおすすめです。

エポスカード会員が利用可能な優待サービス「エポトクプラザ」では、以下のような割引を受けることができます。

店舗名 割引内容
ロイヤルホスト 10%OFF
アート引越センター 基本料金25%OFF
シダックス 室料30%OFF
ビッグエコー 室料30%OFF
ABCクッキングスタジオ(北千住) 入会金50%OFF
タイムズカーレンタル 基本料金25%OFF
ニッポンレンタカー 基本料金15%OFF

グルメからレンタカー、引っ越しまで幅広いジャンルで割引を受けられます。

≫エポスカードに申し込む

エポスカードは以下の記事に詳しくまとめていますので、併せて確認してみてください。

年会費無料の強力カード「エポスカード」の強みを解説!
誰もが名前くらいは聞いたことのある有名クレジットカード、それがエポスカードです。実はこのカード、年会費無料のクレジットカードの中では非常に優...

ほとんどなんでも1%オフ+ポイントの「P-one Wiz」

P-one Wizカード

極めつけは、ほとんどなんでも1%オフになってしまう「P-one Wiz」です。

このクレジットカードで利用した分は、ほとんどすべてが請求時に1%OFFとなります。

1%OFFの対象外は、以下の商品・サービスです。

  • サンリブ
  • マルショク
  • ポケットカードトラベルセンター
  • 電子マネーチャージ
  • 金券類
  • 生損保等の各種保険料
  • ETCカードの利用分
  • キャッシング利用分

あとは全て1%OFFとなるので、心強い限りです。

≫P-one Wizカードに申し込む

まとめ

クレジットカードで料金を支払うと、キャッシュレスでお買い物ができる、支払いを先延ばしにできるといったメリット以外に、節約につながるというメリットもあります。

ただし、場合によっては口座振替の方がお得なケースもありますので、よく確認しましょう。

クレジットカードで節約できるジャンルは多岐に渡っており、P-one Wizやエポスカードがあれば、ほとんどの支払いを節約することが可能です。

節約できる金額は、1つ1つは少ないかもしれませんが、積もり積もると大きな金額となりますので、積極的に節約を心がけましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする