通常1.2%の高還元率!リクルートカードの威力とおすすめの使い方

リクルートカード

いきなりですが、高還元カードと言えばどのカードを想像しますか?

有名なところで、楽天カードなどを思い浮かべた人が多いかもしれません。確かにこのカードは通常1%還元なだけでもすごいのに、楽天市場なら3%還元というメリットがあります。

こういうカードを見ていると、基本的な使用で得られるポイント還元は1%が最高だと思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、あるのです。通常使用で1.2%という高還元を誇るカードが。

今回はそのカード、リクルートカードについて詳しく紹介していきます。

リクルートカードの基本情報

リクルートカード
年会費 無料
ポイント リクルートポイント
ポイント倍率 1.2%

冒頭で述べたように、リクルートカードは1.2%という非常に高い還元率を持つカードです。さらに年会費も無料なので、買い物で使用する分には最強の部類に入るクレジットカードの一つでしょう。

実際、雑誌『MONOQLO』のクレジットカードランキングで2017年ベストバイを受賞しているほどです。

MONOQLOで受賞

リクルートカードがおすすめな人

リクルートカードの一番の威力は、基本的にどこで使用しても1.2%の還元となるところにあります。

そのため、ショップにこだわりがなく、色々なところで買い物をする人と非常に相性の良いカードです。

なお、後述するポンパレモールならリクルートカード決済で合計4.2%以上の還元になるので、そういう意味でもショップにこだわりがなく、Amazonや楽天市場ではなくポンパレモールを利用しても良いと思える人の方が合っているでしょう。

貯めたポイントはPontaポイントに交換して利用できる

Pontaポイント

※画像は公式サイトより

リクルートカードで貯めることのできるリクルートポイントは、リクルート関連サービスでそのまま使える他、Pontaポイントに交換すれば全国のローソンで使用することができます。

日頃ローソンを使っている人なら、利用機会の多いポイントとなるでしょう。

リクルートポイント1ポイントを1Pontaポイントに交換できるので、計算も簡単ですね。

上手に使えば年間万単位の還元を得られる

リクルートカードのポイント

※画像は公式サイトより

リクルートカードなら、水光熱費や携帯電話料金などでも1.2%の還元になるので、他のカードよりもお得になります。

水光熱費と携帯電話料金を合わせて月に約2万円の場合、1.2%なら年間で2,880円分の還元です。こうした公共料金系の支払いをリクルートカードに変えるだけで、年間で数千円も還元を受けることができるのです。

ちなみにこの時点で、1%還元のカードとは年間400円の差が付いていますね。

その他の支払いでも基本的にリクルートカードを使用することを意識して生活すれば、年間で万単位の還元を得ることも不可能ではないでしょう。

≫高還元のリクルートカードはこちら

リクルートカードのデメリット

リクルートカードは優秀なカードですが、あまりお得でないポイントもあります。

リクルートカードを持っていることによるポイント特典がない

通常1.2%という高還元を誇るリクルートカードですが、このカードを持っていることでさらにお得になるというショップはほぼありません。

ポンパレモールでの4.2%以上還元というのはポンパレモール自体のPontaポイント還元3%にリクルートカードの1.2%を足したもので、他のカードでもポンパレモールは3%還元となります。

そのため、利用するショップを1店舗に限定できるような人はそのショップに特化したカードの方がお得になる可能性があります。

ただ、それでも常時1.2%は強力ですし、様々なショップを使う人にはやはりリクルートカードが良いのは変わりありません。

旅行保険が利用付帯

リクルートカードには海外旅行最高2,000万円&国内旅行最高1,000万円という旅行保険が付帯していますが、こちらは利用付帯なので、持っているだけでは保険適用となりません。

このカードの保険を利用したい場合は、ツアー料金などをリクルートカードで支払うようにしましょう。

1.2%還元が強力なので、基本的にメインカード使いをしている人が多く、いつも通りリクルートカード支払いをしていれば気にならない点ですが、複数カードを使い分けている人は注意が必要です。

さらに多くのポイントを獲得する方法

リクルートカードで貯めることのできるポイントは、以下のような手段でさらに多く貯めることができます。ポイントでお得に生活するなら見逃せません。

リクルート関連サービスを利用する

リクルートグループが提供するサービスを利用すると、追加でポイントが貯まっていきます。

例えば、ホットペッパービューティーで美容院を予約して来店すると2%還元(Pontaポイント)です。カード支払いと併用すると合計3.2%分の還元を得ることができます。

≫ホットペッパービューティーはこちら

同様に、ホットペッパーグルメでは「ネット予約&来店」で予約人数×50ポイントのPontaポイントを貯めることができます。飲み会や食事が多い人はぜひ積極的に利用したいところですね。

≫ホットペッパーグルメはこちら

さらに、旅行に行く際はじゃらん.netを利用することで2%のPontaポイント還元が得られます。こうしたサービスを利用していくことで、かなりの額の還元ポイントを入手することができるでしょう。

≫じゃらんnetはこちら

買い物をポンパレモールで行う

ポンパレモール

リクルートカードを持っていることによる特典ではありませんが、ポンパレモールでの買い物は前述の通り3%以上のPontaポイント還元が得られます。

リクルートカードの還元を合わせると合計4.2%以上の還元となり、これは他のカードやモールではなかなか達成できない高還元率です。

中には20%還元になっているような商品もあるので、買い物はまずここを見るくらいの感覚で利用していくことをおすすめします。

≫ポンパレモールはこちら

まとめ

基本的にどこで使っても1.2%還元という使い勝手の良さと高還元の組み合わせが非常に強力なリクルートカードは、初心者でもお得にポイントを貯めやすいカードとして人気です。

カード固有の特典は多くはありませんが、ポイント還元があまりにも強力なので、それだけで取得する理由としては十分ですね。

「クレジットカードでお得にポイントを貯めたいけど、どうやったらお得に貯められるのかよく分からない」という人は、どこでも高還元を得られるリクルートカードを検討してみてください。

≫年会費無料のリクルートカードはこちら
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする