クレジットカードの利用限度額(与信枠)を上げる方法まとめ

今まで使用していたクレジットカードの利用限度額だと足りなくなってしまった、という人もいるかもしれません。

そんな方の為に限度額を上げるための基礎知識からその方法までを詳しく解説します。

利用限度額の基礎

利用限度額とは何か

利用限度額というのは、「設定した金額までなら自由に支払いに使用する事ができる」という金額の事です。

利用限度額が30万円だったとしたら、クレジットカードを利用した支払いは30万円まで利用する事が可能です。

利用限度額とは、上限金額であると考えて下さい。

カード会社によっては、利用限度枠と呼ばれていたり、ショッピング枠と呼ばれていたりします。業界の関係者だと与信枠(よしんわく)やS枠と呼んだり、明記したりします。
ただ、どれも意味は同じです。

利用限度額の計算方法

例えば、30万円の利用限度額が設定されているクレジットカードで20万円分を使用した場合、30万円-20万円=10万円が残りの利用限度額となり、この金額は利用可能額又は、利用可能残高とも呼ばれます。

利用限度額の回復

利用限度額が10万円まで減ってしまったクレジットカードは、クレジットカード会社に支払いをすることで回復する仕組みになっていますので、毎月しっかりと返済をしていれば利用可能残高は回復していきます。

限度額回復方法

・30万円の利用限度額のカードで20万円分利用した

・利用可能残高は10万円になる

・カード会社に20万円の返済を行う

・利用可能額が回復し30万円利用可能になる

という仕組みです。

リボ払い、分割払いを利用すると回復がしにくい

毎月利用額を返済していれば利用限度額が必ずしも上限金額まで回復するというわけではありません。

リボ払いや分割払いを利用している場合などの毎月の返済金額が少ないと利用可能額は回復しづらいのです。

リボ払いの場合

・利用限度額が30万円のカードでリボ払い利用で20万円分支払い

・利用可能額は10万円になる

・カード会社に1ヶ月分の1万円を返済する

・利用可能額は1万円分回復し11万円になる
未払いの19万円分は回復はしない

となります。

利用可能残高とは、利用限度額からカード会社へ支払いを完了していない未払い残高分が差し引かれた金額です。その為、リボ払いや分割払いを常用する人は注意が必要です。

手元の現金に余裕があるのであれば、繰り上げ返済を利用することで未払い残高を減らし、利用限度額を回復させる等も重要なテクニックになります。

ポイント

・繰り上げ返済を利用した場合、返済を行った分だけ利用可能額が回復する

カードや信用度等で限度額は違ってくる

クレジットカードの限度額はクレジットカードの種類や利用者自身の信用度によって大きく差があります。

カード会社等によっては利用限度額が10万円しか与えられていない人もいれば、桁が違う300万円の限度額が与えられている人もいます。

このように、カード会社やカード利用者の信用度の高低で、カード会社が設定している利用限度額は大きな開きがあるのです。
ポイント

・信用度が低い人
⇒利用限度額が10万円~30万円の間
・使用度が高い人
⇒利用限度額が70万円~100万円程度
・使用度がとても高い人
⇒利用限度額が300万円ほど

グレードによる限度額の違い

クレジットカードのグレードによっても利用限度額は変わってきます。

年会費無料の誰でも持つことのできるクレジットカードの場合は、そのほとんどが10万円~50万円以内の利用限度額で設定されています。

しかし、ゴールドカード、プラチナカードになると最初の段階から100万円の利用限度額が設定されていることも普通なのです。これがブラックカードになると、利用限度額は1000万円以上が設定されています。

利用限度額を上げる方法

では、その利用限度額ですが、上げる方法を紹介します。

今よりももっと大きな利用限度額を設定したい方は参考にしてみてください。

カード会社に増枠の申請

クレジットカードの利用限度額を上げる為の最も簡単な方法は、やはりカード会社に利用限度額の増枠を申請する事です。

今は電話だけではなく、インターネット明細の管理画面上に増枠申請という項目が用意されているので、こちらから申請を送ることも可能です。

増枠申請の流れは以下のようになっています。
増枠申請の流れ

・利用者が増枠申請をカード会社に依頼

・カード会社は増枠が可能かの審査を行う

・後日審査の結果が送られてきて、可能であれば増枠され、不可能であれば増枠はされない

利用者に信用があれば増枠される

利用者に十分の信用があり、増枠に値する場合は利用限度額が増えますが、増枠申請をしても審査に落ちてしまい、増枠されないケースも少なくはありません。

最悪の場合、消費者金融への返済履歴が悪い等の理由で、増枠申請が通らないばかりか、クレジットカードの強制解約をされてしまうケースもあります。

増枠申請をしない方が良い場合の一例

・返済日にカード利用額を支払わない事が多い
・その他のクレジットカードで過去に強制解約されてしまった事がある
・リボ払いの返済ができていない
・銀行のカードローン等を利用している
・無職になった

上記のような場合、増枠申請において審査される際、不利になってしまうことが多いので、これらのいずれかに該当する方は増枠申請は控えた方が無難です。

一時的な増枠を申請する

増枠という意味合いは同じであっても一時的な増枠をカード会社に申請をすることも可能です。

一時的な増枠であれば恒久的な増枠よりも審査の難易度は低くなる為、信用が低くても審査に通ることがあります。

一時的な増枠が可能であるケース

一時的な増枠が可能であるケースは以下のようなものがあります。

一時増枠が可能な場合

・結婚式場の費用支払う
・海外旅行へ行く
・引越し資金を支払う
・出産費用を支払う

などです。

これらは恒久的な増枠ではない為、審査に通りやすいです。

さらに、早い時には30分~1時間程度で審査を行って増枠が許可される場合があります。早めに審査を行ってほしい場合は、急を要する事をあらかじめ伝えておくと良いでしょう。

新たにクレジットカードを作成する

信用度に不安が残る場合、増枠申請を行った為に強制解約させられてしまうリスクを減らす方法は、増枠申請を行わず、他社のクレジットカードを新たに作成する事です。

この方法であればもし仮に審査に落ちてしまったとしても保有するクレジットカードは手元に残る為、リスクは最小限に抑える事ができます。

年会費無料のクレジットカードであっても最大50万円の利用限度額を設定されたカードを発行してくれる事もあります。利用限度額を増やす場合、保有しているカードの限度額の増枠を狙わず、新規のカードを作成し、総合的な利用限度額の増枠を狙ってみるのも良いでしょう。

ライフカードは利用限度額が高め

年会費無料のカードの中でも最初から利用限度額が高いのはライフカードであると言われています。

年会費 無料
ポイント還元率 0.5%~1.0%(円換算)
貯める事が可能なポイント Lifeサンクスポイント
交換可能マイル ANA
追加カード ETCカード、家族カード
付帯保険
電子マネー機能
スマホ決済 applePay、GooglePay、楽天Pay

特徴

・誕生月に利用すればポイントは3倍
・ブランドはVISA、MasterCard、JCBの中から選べる
・ポイント有効期限は5年
・利用額に応じてポイントが貯まりやすい
・海外旅行をアシストするサービスの利用が可能

ライフカードは1,000円のお買い上げごとに1ポイントが貯まり、さらに誕生月である場合、貯まるポイントは3倍になります。

そして、入会してから1年はポイントが1.5倍になる為、ポイントが貯まりやすいカードです。さらに、年間50万円のカードの利用がある場合、300ポイントが自動的に貯まり、翌年のポイントは2倍になります。

通常年会費無料のクレジットカードの場合、利用限度額の最大は100万円程度である事が多いですが、ライフカードの利用限度額は最大200万円まであります。

ゴールドカードにアップグレードする

クレジットカードの支払い遅延などをしておらず、消費者金融なども利用してない場合、保有しているクレジットカードをゴールドカードやプラチナカードへアップグレードするのも手です。

全てのクレジットカーでアップグレードが可能なわけではないですが、楽天カードであれば楽天ゴールドカードや楽天プレミアムカードへの切り替えが利用でき、JCBカードを保有している場合は、JCBゴールドカードへ切り替えが可能になります。

保有しているクレジットカードのランクから一つ上のランクに切り替える事で利用限度額は増える傾向にある為、これらを検討するのも利用限度額を上げる手です。

ただし、必ずしも上がるというわけではなく、ケースバイケースです。

楽天カードやアメックスの場合、カードのランクが上がっても利用眼度額に変化がないこともあるので、過信しない方が良いでしょう。

地道に信用度を上げる

利用限度額を早急に上げる必要がない場合は、クレジットカードの信用度を上げていく事をお勧めします。

クレジットカードを利用したら、返済日には遅延をせずにしっかり返済すること。しっかりと返済を行っていれば信用度は上がっていくため、増枠の申請を行う際有利になります。

特定のカードのみの利用限度額を上げたい場合

保有しているクレジットカード全体の利用限度額を増やすのではなく、メインで使用しているカードの限度額のみ増枠したい、という方もいると思います。

この場合、利用していないクレジットカードを解約したり、あまり使用しないカードの利用限度額を引き下げれば可能になります。

クレジットカード会社は増枠の審査の際、利用者が保有しているクレジットカードの利用限度額をチェックしています。その為、使用頻度の低いカードの限度額を下げておけば、相対的に増枠をしたいカードの振り分け分を増やすことが可能になるのです。

それだけではなく、不要カードの解約、利用限度額を減らしておいてから増枠申請を行うと、限度額を増枠したいカードの増枠申請の際、審査を通過しやすくなる可能性が高くなります。

利用履歴が良いと自動増枠の可能性がある

クレジットカードをきちんと利用し、支払い遅延などをしていない場合、利用者の利用限度額を自動的に増枠するクレジットカード会社が増えています。

ただし、利用履歴が普通の場合は利用限度額の増枠は行われない為、確実に上がるというわけではありません。

まとめ

利用限度額の増枠方法、利用限度額の基礎や増枠申請のリスクなどを解説しました。

ポイントをまとめると、以下のようになります。
ポイント

・利用限度額は、上限金額のこと
・限度額は利用実績を積んでいくと上がる可能性がある
・利用眼度額の増枠はカード会社に申請を行う
・一時的な増枠が認められる場合もある
・信用度が低いと増枠されない
・信用度が悪い場合、増枠申請によって強制解約される可能性がある
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする