国内・海外の空港ラウンジを無料で利用できるクレジットカード

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード
楽天プレミアムカードはVISA、MasterCard、JCBのブランドから選ぶことができます。また個人的に感じた楽天プレミアムカードの魅力ですが、新規カードを作ると最大で10000ポイント以上付(キャーンペーンにより異なります)いてきたり、楽天カードや楽天ゴールドカードよりもポイントがとにかく貯まるということとプライオリティパスに無料で申し込める所がとても魅力的でした。

特に注目して頂きたいのがこちら!世界900カ所以上の国内・海外空港ラウンジで使えるプライオリティパスに無料で申込み出来るというところです。※プライオリティパスは通常年会費399ドルの費用がかかります。1ドル110円計算ですると年会費43890かかるプライオリティパスに無料で申込めます。

また、家族カードですが、本会員カード1枚につき、家族カードは最大5枚まで発行することができ、配偶者、高校生を除く18歳以上の方が申込み可能です。楽天プレミアムカードは楽天ゴールドカードと比べると年会費が10800円と少し高めなので、もう少し年会費を抑えたいという方は、楽天ゴールドカードも国内にあるラウンジが利用できますし、ハワイホノルル国際空港、韓国仁川国際空港のラウンジも無料で利用することができるので、年会費を抑えたいという方は是非、ご検討ください。因みに年会費は2,160円です。

以下、楽天プレミアムカードが利用できる空港ラウンジとスペックをまとめました。

利用できる空港ラウンジ 【国内】
新千歳空港、函館空港、青森空港、秋田空港、仙台国際空港、新潟空港、富山空港、小松空港、 成田国際空港、羽田空港、中部国際空港セントレア、関西国際空港、大阪国際(伊丹)空港、神戸空港、岡山空港、広島空港、 米子鬼太郎空港、山口宇部空港、高松空港、松山空港、徳島阿波おどり空港、福岡空港、北九州空港、 大分空港、長崎空港、熊本空港(阿蘇くまもと空港)、鹿児島空港、那覇空港【海外】
プライオリティパスを発行するだけで、900カ所以上の海外空港ラウンジで使える。
年会費 10,800円
カードブランド VISA、MasterCard、JCB
ポイント還元率 1.00%~5.00%
電子マネー・スマホ決済機能 楽天Edy、楽天ペイ、Apple Pay、Android Pay
付帯保険 海外旅行、国内旅行、ショッピング

楽天プレミアムカードの公式サイト

楽天プレミアムカードについては、下記記事にも説明がありますので併せて参考にしてみてください。

楽天カードはどれだけお得?全10種の違いとポイントについて徹底解説!
クレジットカードの中でも特に知名度が高い楽天カードは、「ムムッ」というあのCMでもおなじみですね。 ポイントをたくさんゲットしてショッ...

エポスゴールドカード


エポスゴールドカードは丸井グループが発行しているクレジットカードですので、マルイをよく利用する人や年会費無料でゴールドカードを持ちたい人にオススメの1枚です。

ゴールドカードと聞くと少しコスパが悪いイメージがありますが、空港ラウンジが無料で利用できたり、高級ホテルに割引価格で宿泊できたり、付帯保険が充実してたりと多くの付帯サービスが付いています。この辺をしっかりと理解していないとコスパが悪いイメージが残ってしまいそうですが、そんなことはありません。

また、エポスゴールドカードの還元率はボーナスポイントが付与されるので、最大1.5%の高還元率があります。他のゴールドカードは0.5%だったり1.0%という還元率が多い中、このエポスカードは、1.5%という高還元率で他のクレジットカードと比べるとかなりの差が出てきます。

年会費は通常5000円ですが、年間の利用金額が50万円を越えた場合、翌年以降永年無料となります。ですので年間で50万円以上利用すれば、今後一切、年会費はかからないというわけです。※エポスからインビテーションが届き、ゴールドカードを発行された方は、年会費永年無料となります。

でも50万円なんて利用する機会があまりないという方、そんなことはありません。光熱費で毎月30000円、携帯代毎月10000円をエポスカードで支払ったらいくらになりますか?これだけで480000円になります。あと20000円以上の買い物をクレジットカードで支払えば実質年会費は無料になります。これまで現金で支払っていたものをクレジット決済にするだけで年間50万円なんてあっという間にいってしまいます。

以下、エポスゴールドカードが利用できる空港ラウンジとスペックをまとめました。

利用できる空港ラウンジ 【国内】
新千歳空港、函館空港、仙台国際空港、小松空港、成田国際空港、羽田空港、大阪国際(伊丹)空港 中部国際空港セントレア、関西国際空港、神戸空港、広島空港、松山空港、福岡空港、北九州空港、 大分空港、長崎空港、熊本空港(阿蘇くまもと空港)、鹿児島空港、那覇空港【海外】
ホノルル国際空港、ホノルルラウンジ、仁川国際空港
年会費 5,000円
カードブランド VISA
ポイント還元率 0.50%~2.00%
電子マネー・スマホ決済機能 楽天ペイ、Apple Pay、Android Pay
付帯保険 海外旅行傷害保険自動付帯

エポスカードの公式サイト

JALアメックス


※リンク先からアメックスも確認できます。

JALアメックスはJALの中でもスタンダードのクレジットカードになります。JALが発行しているだけあって、マイルポイントが充実しています。まず、入会搭乗ボーナス1000マイル、毎年初回搭乗ボーナスマイル1000マイル、また搭乗毎のフライトマイルが10%プラスされます。またショッピングマイルが200円毎に1マイル貯まるなど、マイルに関するサービスが充実しています。

これは入会する際のキャンペーンによって異なりますが、入会特典として1000マイル、カードを5回利用すると1000ポイントなど使えば使うほどお得になるキャンペーンなどを行う時があるので、入会前に必ずチェックしてください。また、空港ラウンジも国内だけでなく、ホノルル国際空港の利用もでき、さすがアメックスという感じです。因みに同伴者も1名なら無料でラウンジが利用できます。

JALアメックスの中で私がサービスとして注目しているのが、海外旅行サービスの窓口「ハローデスク」と「ハローデスク東京」と言うものになります。この窓口では、海外旅行に関するサービスのサポートをしてくれます。

例えば、◯◯レストランの予約、プライベートビーチなどの予約などを現地のスタッフがそのサービスやお問合せについて日本語で対応してくれます。英語が得意でない方は、絶対に利用した方がいいです!オススメスポットなども案内してくれるので、とても便利なサービスです。是非、一度利用してみてください。

以下、JALアメックスが利用できる空港ラウンジとスペックをまとめました。

利用できる空港ラウンジ 【国内】
新千歳空港、函館空港、青森空港、秋田空港、仙台国際空港、新潟空港、富山空港、小松空港、 成田国際空港、羽田空港、中部国際空港セントレア、関西国際空港、大阪国際(伊丹)空港、神戸空港、岡山空港、広島空港、 米子鬼太郎空港、山口宇部空港、高松空港、松山空港、徳島阿波おどり空港、福岡空港、北九州空港、 大分空港、長崎空港、熊本空港(阿蘇くまもと空港)、鹿児島空港、那覇空港【海外】
ホノルル国際空港
年会費 6,000円
カードブランド AMEX
ポイント還元率 0.50%~1.00%
電子マネー・スマホ決済機能
付帯保険 国内旅行、海外旅行、ショッピング

JALカードの公式サイト

※JAL普通カードのお申込ボタンをクリックすると一覧が表示され「JALアメリカン・エキスプレス」のカード申込みが表示されますので、そちらからお申込ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする